時の流れ

先日、旧市立病院を解体し始めてる所を見ました
ふたしたきっかけだったのですが
両親の有難みを改めて感じました

小さい頃、私は体調を崩しやすく
夜遅い中、両親が市立病院に連れていってくれたのを朧気に覚えています

両親と言う単語を聞いて
父が真っ先に思い浮かぶ程のお父さんっ子な私ですが
いつか母に産んでくれてありがとう。
と、未だ言えていない一言を言えるように
母にも感謝したいと思います

母と父があって今の私があります
当たり前の事だけれど、つい忘れがちな事で
父には伝えられるのですが、
母には言えていないので伝えたいです。

今までありがとう。
感謝の言葉を忘れず
これからも時を進めていきたいです。

周りに感謝し、成長し続けていきたいです。