年末調整の改正点

年末調整の時期になりました。

会社の担当者の方も慌しくなってきますね。

何せサラリーマンの方の確定申告のようなものですから...

さて、今回の年末調整に関して大きな改正点はありませんが、

生命保険料控除の改組がありました。

① 平成24年1月1日以後に締結した保険契約等に係る控除

  介護医療保険料控除が新設されました(適用限度額4万円)

 新契約に係る一般生命保険料控除及び個人年金保険料控除の適用限度額は

それぞれ4万円とされました。

 <内容>

    24年1月1日以後に生命保険会社又は損害保険会社等と締結した保険契約(「新契約」)のうち、

   介護(費用)保障又は医療(費用)保障を内容とする主契約又は特約に基づいて支払った保険料

   について適用されます。

支払った保険料等の金額

控   除   額

20,000円以下

支払った保険料の全額

20,001円~40,000

支払った保険料等の合計額×1/210,000

40,001円~80,000

支払った保険料等の合計額×1/420,000

80,001円以上

一律40,000

 ⇒ 新契約については、主契約又は特約それぞれの保障内容に応じ、その保険契約等に係る支払保険料等を

  各保険料控除に適用することとされました。

 

② 平成23年12月31日以前に締結した保険契約等に係る控除(旧保険契約)

 従来どおりの控除額の計算になります。

 

③ ①と②の両方について保険料控除の適用を受ける場合の控除額の計算

 新契約に基づいて支払った保険料等につき、上記表の計算式により計算した金額...A

 旧契約に基づいて支払った保険料等につき、従来どおりの計算式により計算した金額...B

 AとBの金額の合計額(上限4万円)となります。 

 

今回の生命保険料控除の控除額をまとめると...

  

保険等の種類

旧契約

新契約

両方ある場合

一般生命保険料

最高50,000

最高40,000

最高40,000

個人年金保険料

最高50,000

最高40,000

最高40,000

介護医療保険料

  ―――

最高40,000

  ―――

合計適用限度額

最高120,000

保険会社から送付されてくる保険料控除証明書の説明を必ず確認して下さい。  

 

それ以外の改正は

 国税庁のHPで確認して下さい

http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/nencho2012/pdf/4-6.pdf