いよいよ確定申告が始まります!

1、平成23年度分確定申告(個人)

 

 平成24年2月16日から3月15日までが平成23年度の確定申告期間となります。平成23年度の確定申告において、新たに適用となる代表的な事項には以下のものがあります。

 

(1)扶養控除等に改正

  年少扶養控除(16歳未満)の廃止

  年齢16歳以上19歳未満の扶養控除上乗せ分25万円の廃止

 

(2)年金所得者の確定申告の簡素化

   その年中の公的年金等の収入金額の合計額が400万円以下であり、その年中の公的年等に係る雑所得意外の所得金額が20万円以下である場合には確定申告を提出することを要しない事となりました。

 

 

(解説)

 

*  年少扶養控除の廃止は子供手当等の支給に伴い廃止されたものです。確定申告をされる場合には、例年との取り扱いが異なりますので注意が必要です。

 

*  公的年金の収入金額合計が400万円以下の人等については、確定申告を要しない事となりますが、確定申告により引かれすぎた源泉所得税の還付を受けようとする場合や、医療費控除の適用を受ける場合には、確定申告をする必要があります。得なのか損なのかを検討する必要があるものと考えます。

なお、23年度確定申告に関する手引き等は国税庁のホームページに掲載されておりま すので、参考にして下さい。

 

2、贈与税の申告

 平成23年度中に贈与により財産を取得した場合において、その取得した金額の合計額が基礎控除(暦年)110万円を超える場合には、贈与税の申告を行う必要があります。

期間は平成24年2月1日から3月15日までです。

 なお、住宅取得資金を直系親族から贈与を受けた場合で、非課税となる場合でも申告に必要がありますので、ご注意下さい。

 

詳しくは、国税庁のホームページで確認してください。

http://www.nta.go.jp/index.htm