企業再編

(個人開業)
 個人で新に起業して事業を始めようとする場合には、税務署に対して事業開始届出を提出する必要があります。また、青色申告開始届出を提出することも勧めます。青色申告の場合だと、純損失の繰越控除・青色申告控除・青色事業専従者給与などの特典が要件に該当すれば認められます。

(法人起業)
 法人で起業する場合には、まず法人登記を行いますが、法人登記によって課税関係の届出が終了しているものではありません。課税関係の届出は、所轄税務署・都道府県・市町村に事業開始届出を提出する必要があります。個人起業と同じように青色申告の届出を提出すると、純損失の繰越控除などの特典を受ける事ができます。
* 個人で起業するか法人で起業するか、また個人でしばらく起業してその後法人として事業を継続するか、さまざまなケースが考えられます。いずれの場合も十分な事業計画の作成がポイントとなります。
当方事務所では、事業計画の作成補助や手続き等の業務支援を行いますので、お気軽にご相談下さい。